デザイナー住宅

NEW! 二世帯+隣居スタイル。約20坪・3階建て。こだわりの間取りでご家族がゆったり寛げる空間に

フォトギャラリー


Designer 山岡 良匡

株式会社山岡建築研究所 代表

1970年2月、埼玉県蕨市生まれ。1990年に中央工学校建築設計科を卒業し設計事務所に勤務。大型施設の設計に携わるが、小さな住宅設計に魅力を感じて、2002年9月に山岡建築研究所を設立。埼玉県を中心に、数多くのデザイン住宅の建設実績を持つ。

・資格:一級建築士
・埼玉県被災建築物応急危険度判定士
・木造住宅耐震診断・耐震改修技術者:日本建築防災協会
・住宅医:一般社団法人住宅医協会認定
・SE構法 登録建築士
・DIYアドバイザー:日本ドゥ イット ユアセルフ協会

土地を分割して建てられた二世帯・隣居スタイルのお住まい

親子様で、土地を分割して建てられた、いわゆる別棟型の「隣居(りんきょ)スタイル」のお住まい。
当社が、子世帯様(4人ご家族)のお住まいの施工を担当しました。敷地面積は約20坪。3階建て(1Fは玄関・納戸・寝室・水回り。2FはLDK。3Fは子供部屋)。延べ床面積は、103平米の間取りになります。

黒檀(こくたん)色で塗装した栗フローリングで温かみのある寛ぎ空間が広がる

お住まいのメイン空間ともいえる2階のLDKには、ヒノキ材より腐食に強く耐久性が高いといわれる栗材フローリングを採用しました。栗材は、そのくっきりとした木目が特徴で、リビング全体をナチュラルで、温かみある空間にしてくれています。
さらに黒檀色で塗装することで、シックで落ち着きある雰囲気になりました。

栗材とブルーグリーンのアクセントカラーで、おしゃれカフェのような空間を演出

2階にあるLDK。約15帖の広さで、無垢材フローリングとコーナーにあしらったブルーグリーンのカラースキームに合わせて、ダイニングテーブルやベンチソファも同系色にまとめていただいたため、まるで隠れ家カフェのような雰囲気に。
小上がりの畳コーナー(上部のスライド画像の2枚目の右奥になります)も設け、多目的で利用できる憩いのスペースとさせて頂きました。家族の和も深まる自慢の空間です。

3Fは11帖の子供部屋と眺望ばつぐんのルーフバルコニー

LDKのキッチンのカウンターと、テレビ台は造作でご用意。右にあるのが、3Fに続く階段になります。今回、3階のお子様部屋の写真はありませんが、将来は、2部屋にセパレートできるつくりになっており、勉強・遊びに集中できる空間です。
また、隣に建つ親御さま世帯のお住まいとの間には、約9平米の中庭があり、祖父母さま世帯と適度な距離を保ちつつ、往来・団らんできる形になっております。


デザイナー住宅一覧に戻る

CONTACT US

注文住宅・リフォームに関するご相談・お見積もりはこちら!
電話の受付時間は9時~18時。ぜひお気軽にお問い合わせください。